釣り部 部活動 ~瀬の海 泳がせブリ パート2~

13.01.20

1月18日の釣行記の続きです→パート1はこちらから

 

さて、前半戦は本命のカマスも釣れず強い北風に心と体を病んだ私は一度マリーナで療養。

態勢を立て直し、ジョイフィッシュマリンの角屋先生を加えて再出撃するのでありました。

ちなみに後半戦は中古販売艇のEF23のテスト走行を兼ねているため、船は“レンタルボート爽海”から乗り換えです。

EF23中古販売情報はこちらから

 

さて、ポイントにつきいよいよスタートですが遊漁船の数はブリ船、カマス船併せて3艇程。

午前中は7艇ほどいたのに…やばい…(′□`;)

仕掛けを下しますがやはり静か…

←先生はジギングでも探っています

かくいう私は久しぶりの広いデッキに腰をおろしてボーっと…

美空ひばり先生の『川の流れのように』が頭の中に流れ…

 

ハッ!Σ( ̄□ ̄)

 

我に帰り竿の反応を見ますがやはり静か。

そこで角屋先生『250mだったらもう深場やった方がいいかもね』

確かに(′・ω・`)

ということであっさりターゲット変更(笑)!底まで仕掛けを下します。

 

が、やはり相変わらずの川の流れのようにモード 。

浮気は良くないと反省し原点回帰、高速で巻上げタナを元に戻そうとすると竿先がクックッ…

(角)『アタッてない…?』

(私)『…アタッてますね…』

小さな反応にあまり期待せず、願わくばクロムツ!と念じ姿を見せたのは↓

1kgのハタ!

これですっかりカマスとブリは吹っ飛び底を狙いますがユメカサゴの一匹のみ。

 

最後はシロアマダイをサバで釣る夢にかけましたが撃沈!

帰港に至りました(;;)

 

当日のカマス船の釣果を見るとやはり渋く0‐4匹。

しかしながら次の日はまぁまぁ調子が良く1‐10匹だったようですのでやはりムラガ目立ちます><

そして土曜日でカマス狙いが終了した船宿もありますので、これから泳がせるならアジやサバが正解かもしれません。

またブリ船にはイカ(買ってきたもの?)のようなものを流していた釣り人もいました。

釣れるかは分かりませんがf(^^;

アイデアを活かした釣り方も良いですね☆