エチオピアの味を食卓に

13.04.30

こんにちは、スタッフ岩井です。

本日は相性最悪の南風がびゅんびゅん、海は時化。

残念(;;)

 

さて、エチオピアといっても国ではありません^^

KIMG0028

こちら、深場の魚シマガツオ。

通称『エチオピア』、名前の由来は確かなところ不明のようです^^;

日曜日にフェアウィンドさんが洲崎沖で釣ったものを頂きました。

昨日はラスカーラのオーナーさんが瀬の海で大きいのを釣ってきましたので、ここら辺でも200m前後の釣りで混じるかもしれませんね。

 

さてさて、このエチオピアはたまーにオーナーさんが釣ってきて頂くことがある程度なので、正直おすすめの食べ方が分からず

『唐揚げで良いんじゃないっすかぁ?』

とオーナーさんにはお伝えしてました。

(決して適当に応えてたわけじゃなく、ちゃんと唐揚げはおいしいです^^;)

で、せっかく久しぶりに手に入ったので今回はあんかけにチャレンジしてみた所存でございます。

 

まず下処理、大きいので5枚におろします。

一つ問題なのは皮と鱗が堅い事。

また鱗が少し取りづらいので気合いでさばきます><

皮を引くのは逆に簡単に綺麗に引けます☆

KIMG0029

見た目は鳥の胸肉に似ており、魚で言うとシイラに似てる気がしますね。

なので一節をシイラでおススメのバター醤油焼きに。

KIMG0030

これはおいしいです☆

ちょっと醤油は焦がした方が香ばしくていいです^^

あんかけ用の肉は一口大に切り、小麦粉をビール(お金ないので発泡酒)で溶いた衣で揚げました(サクサクします)

アンは細切りの玉ねぎとピーマンを炒め、めんつゆ&大根おろしを投入しとろみをつけます。

1367231829593

見た目は悪くないのではないのでしょうか?(^q^)

(花柄は嫁の趣味です…念のため…笑)

あんかけとの相性も悪くないと思いますね、おいしかったです^^

ただ肉質は意外と柔らかく、ややクセがありますね。

やっぱりシイラに似ているのかな…

 

後で調べてわかったのですが、刺身もイケるみたいです。

特に冬場の脂のノッた状態では絶品とのこと!

その点で言うと旬は過ぎているかもしれません^^;

でももし次回があれば試してみようかと思います☆

Comment

  1. エコーⅡ より:

    岩井さん
    先日は生簀の件、お手数おかけしました。
    お礼として
    シマガツオの捌き方ですが

    頭を落とさないで、両サイドから切り込みを入れて皮を剥がします。頭の方は目の上と胸鰭の上の対角線位に包丁を入れると無駄がないと思います。

    剥がし方はカワハギの感覚です。

    そして、皮を剥いだ身に両サイドから包丁を入れて身を切り取ります。
    内臓と頭は中骨にくっついたままです。

    内臓や皮ぎしに虫(カツオについてる奴)がいることもありますが、見つけたら取り除けばOKです。アニサキスのように腹痛を起こす寄生虫ではありません。

    こうすると、鱗などを取る手間が省けます。

    連休後半は陸前高田へ行ってきます。
    次回は5/18・19を予定しております。

    尚6/2のキス釣り大会はエントリーさせていただきますので宜しくお願い致します。

    • boatlife より:

      コメントありがとうございます^^
      なるほど確かにあの皮ならカワハギのように剥がせますね!
      ぜひ実戦してみたいと思います。
      寄生虫の情報もありがとうございました!
      フェアウィンドさんから虫が出てきたと聞いてアニサキスかと思ってましたが、ちょっと安心です^^
      気をつけてお出かけください、次回のご出港お待ちしてます!