部活報告 6月4日 ヒラマサ釣行

13.06.08

こんにちはスタッフ岩井です。

撮影した画像を探して遅くなってしまいましたが結局見つかりませんでした(泣)

まぁプロカメラマンバニー近藤氏の撮影画像がありますし^^;

釣果写真はばっちり!

そしてそして、当日は動画も撮影してくれており下記リンクより動画もご覧いただけます^^

不意打ちの撮影だったので私のくわえ煙草からスタートしますが、気にせずお楽しみください(笑)

動画と一緒にブログを読んで頂けると詳しく分かるかと思います^^

http://youtu.be/BhZrAjll3Uo

 

さて、6月4日は天候・海況ともに良好のベストコンディションでした☆

まずは本命ヒラマサ目指してまっすぐ進路を西へ!

真鶴沖水深30m前後で一心不乱にジギングスタートです。

まず船中1匹目は私めのカサゴでスタート。

IMG_4964

今日は一人勝ちになりそうだ。もらったな…(にやり)

 

と、そこへ魚探にベイトの反応が!

賑やかになる後ろのデッキ。

1人前のデッキでやっていた私の竿には小さなアタリがコツコツ。

「こりゃヒラマサはいないな、落ち着け、皆の衆…」

なぜか釣ったのはカサゴなのに上から目線の私を置き去りにさらに盛り上がる後方。

気になったのでちらっと見ると…

 

しなってる 先生の竿が しなってる(五七五)

 

えぇ~…(′Д`)

無事ネットインしたのは紛れもなくヒラマサ!

IMG_4979

同じジグ(たまたま一緒でした、色は若干違うのですが)を使用し、先生の10倍は竿を出していたのに…

なぜこっちに来なかった、ヒラマサよ!(T^T)

 

ちなみにですが、ブリとヒラマサの区別は以下の点でざっと見分けられます。

・口角が丸いのがヒラマサ、角ばっているのがブリ

・体側の黄色いラインが胸鰭に接している(近い)のがヒラマサ

・ヒラマサは胸鰭が腹鰭(胸鰭の下の鰭)よりも短い

個体差もありますので当てはまらない部分もありますが、上記の点でいくつか当てはまれば間違いないかと思います。

プロは見た瞬間に分かってしまうようです、雰囲気自体違うのかもしれませんね^^;

IMG_4976

ブリの良い画像が無かったので比較ができませんが、上の画像で口角以外は確認できるかと思います^^

 

さて、めでたく一本あがったのでこれはチャンス!となりますが、残念ながら移動となります。

真鶴沖でヒラマサ狙われる方は注意点がありますので、事務所にてご確認ください。

 

港前でシイラが跳ねていたので、そのまま第二ターゲットGETを狙います。

跳ねていますし、潮目&ごみもあり条件はそろっていましたがGETならず…

最近の釣果傾向からこのまま粘るよりホームに戻った方がシイラの反応があるかもしれないと、探索しながら茅ヶ崎沖方面に戻ります。

続きはパート2にて。